BLOG CARAVAN

キャンピングカーで行く結婚式「アニバーサリーキャラバン」誕生秘話

岩泉 ピアン

「日本唯一の移動型キャンピグカーサロン」ピアンウエディング 代表プロデューサー

「結婚式をしても誰も喜んでくれない」

コロナが始まってから、こんな悩みを抱えるカップルがどれだけ増えただろう。

僕は独立して以来、色々な形の結婚式をプロデュースしてきました。今だからこそコロナ対応と言われている、少人数の結婚式、家族だけの結婚式、挙式とお食事会だけの結婚式、挙式と披露宴を別日に設ける結婚式。

これらはコロナ前からプロデュースしてきた結婚式のスタイルです。だから僕が作る結婚式はコロナ前も後も何も変わりません。それでも確実に変わったことがあります。

それは、おふたりの気持ち。

コロナ前はどんなスタイルであっても、おふたりがとても楽しそうで嬉しそうで、結婚式の間中、幸せが溢れていました。なぜならそこには、大好きな、大切な家族や仲間の、笑顔と祝福があったからです。

でも今はどうでしょうか。

本来結婚式はとてもおめでたくて素敵なことなのに、そしてみんな本当はお祝いしたいはずなのに、「え、なんで今やるの?」「出席しなくても良いかな」「本当に結婚式しても大丈夫なの?」という気持ちを拭えないゲストも多く、そんな意見を聞いて、結婚式に対して不安や心配をかかえ、笑顔が涙に変わってしまったカップルさんが沢山います。そして、結婚式を諦めた新郎新婦がフォトウエディングへと流れています。でも、本当にそれだけで良かったのか後悔している新郎新婦がいるのも事実です。

フォトウエディングは、ウエディングという名前がついていますが、実際には写真スタジオのスケジュールに合わせて決まった場所で決まったポーズなど、結婚式のサービスには程遠いものが多いです。格安だったりしますが、クオリティも含め、結婚式の代わりと考えるには無理があります。僕はコロナ禍で結婚式を挙げたカップル、延期したカップル、キャンセルしたカップルをたくさん見てきました。結婚式をしたかった新郎新婦は、

本当はみんなに集まってもらってワイワイ楽しい時間を過ごしたかった

本当は大好きな方々に直接「今までありがとう」「これからも宜しくね」を伝えたかった

本当は晴れ姿を見てもらって大切な方々に安心してもらいたかった

本音はね。

 

そして招かれた方も、

本当は大好きな2人を心から祝福したかった

本当は誰よりも笑って「おめでとう!」と言いたかった

本当は欠席なんてしたくなかった

悲しんでいる、辛い思いをしている、そんな新郎新婦とゲストの皆様のために僕がプランナーとして出来ることは、やっぱり結婚式のプロデュースなんです。集まれない結婚式、どうすれば皆が笑顔で幸せになれるのか・・・

新郎新婦が婚礼衣装を着る

お互いを大切な存在だと改めて感じる

結婚をお互いに誓い合う

大切な家族に直接想いを伝える

大好きな友達と記念写真を撮る

笑顔溢れる幸せな1日にする

僕が手がけてきた結婚式を、今の状況でも届けられる方法。全部が出来て、でも皆が集まってこないで、夢が叶えられて・・・考えに考え抜いた末、

「そうだ、2人が会いに行けばいいんじゃない!」「会いに行くウエディングフォトを始めよう!」

と思い立ちました。こちらから行けば、大切な人に会えるし、ドレス姿で一緒に写真も撮れる!ふたりの思い出の場所にも行けるし、母校にだって行けちゃう!

でも、そこからがまた悩みどころ。会いに行くためにはどうする?リムジンはカッコいいけど、場所もとるし、ハワイなら良いけど日本だと気後れするかも。第一座りっぱなしで窮屈。タクシーで回ったら莫大な金額。普通車だとそれこそ普通でウエディング感ゼロ。電車はドレスとタキシードでなんて乗れない。じゃあどうすれば、どうすれば・・・悩み続ける毎日を送っていたそんなある日。

キャンピングカーで会いに行こう!

僕と同じように結婚式ができないカップルさんのことを考えてくれているカメラマンとヘアメイクさんのチームで動くと決め、みんなで話し合っていた時です。ふと、キャンピングカーの話になりました。そうだ!キャンピングカーでフォトウエディングは出来ないだろうか。皆の目の色も変わってきました。

キャンピングカーは高さがあって車内で立てるから、着替えができる

キャンピングカーならプライベート感があるから、ゆっくりくつろげる

テーブルがあるキャンピングカーの車内なら、食事ができる

電気があるキャンピングカーではモニターが設置してあるから、映像が流せる

他の車と違ってキャンピングカーには換気扇があるから、密にならない

何よりキャンピングカーって非日常的で、特別感がある!

もしかしてこれだったら、結婚式で新郎新婦が望むことがフォトウエディングでも叶えられるんじゃないか。そう思ったら嬉しくなって、迷わずキャンピングカーを購入しました。悲しんでいたカップルが笑顔になってワクワクできる、そんな車にしたい。

「ANNIVERSARY Caravan〜アニバーサリーキャラバン」

記念日を創るキャンピングカー「アニバーサリーキャラバン」はこうやって生まれました。

結婚式当日、キャンピングカーでお迎えに行って車内でお支度をし、集まる結婚式だったら呼べない大好きなおばあちゃんに会いに行って一緒に写真を撮って、近所のよく行っていたお店のコロッケを買っておばちゃんとも写真を撮って、母校に行って部活の仲間と久しぶりに会って卒業の時に撮ったのと同じ並び順で記念写真。そのあと、思い出の公園に行ってお互いに誓い合って、帰りは普段着に着替えてゆっくり寛ぐ。

そんな1日だったら、いっぱい笑顔にもなれるし、幸せの時間を写真に残すことができて、素敵な記念日になりますよね。そして、2人が会いに行った人たちの心にも、祝福の気持ちと楽しかった時間がきっと刻まれると思うんです。

アニバーサリーキャラバンは、新郎新婦の大切な人への想いとお互いへの想いを乗せて走り出します!お祝いされて記念日になる、そんなフォトウエディングをこれからどんどん作って、また笑顔に溢れた幸せなカップルさんがたくさん増えますように、それが今の僕の願いです。

  • この記事を書いた人

岩泉 ピアン

「日本唯一の移動型キャンピグカーサロン」ピアンウエディング 代表プロデューサー

-BLOG, CARAVAN

© 2021 Peanne∞Wedding Blog